2012年10月14日

今日は、ソシュール言語学の本を買った。

 気になっている事が一つずつ片付くと、なんだか気分がすっきする。
 今日は前から気になっていた本が買えたので嬉しい。
 それはソシュールの講義をまとめた本、『一般言語学第一回講義』(エディット・パルク刊)だ。

ソシュール『一般言語学第一回講義』


 この講義は第三回まであり全三冊にまとめられているので、一気に三冊買いましたよ。一冊3500円だけど、言語学の本は前から欲しかったしねえ。

 これで当分楽しく過ごせると思うよ。楽しみがあると、頑張ろうって気が起きるからね。

 他にも片付けたい事があるので、本はしばらく買わないと思う。
 次に買うとしたら、ジャック・デリダの本だねえ。

 ジャック・デリダの本は『法の力』しか読んだことがないので、他のも読みたいなあ。
   ◇
 話は少し変わって、言葉には、話し言葉と書き言葉があるわけだが、私の場合、頭に色々な事が浮かぶのでそれを書き留めるのが追いつきません。
 兎に角、頭に浮かぶ速度の方が速すぎて、書くのが追いつかない。
 話す時も、他にも色々浮かんでるのに一つしか話せないので、非常にまどろっこしい。
 頭の中に浮かんだ物を音声なり文字にする場合、明らかに浮かぶ速度の方が速いよね。

 複数の事が浮かんだ場合、その内の一つしか書き留められないから、他に何が浮かんでたか思い出せないんだよねえ。
 書き留めることに集中すると、書いてる内に他に何を考えてたのかすら思い出せなくなる。
 まあ、何かのきっかけがあれば思い出せるのかも知れないが。

 ところで、話しをしている時、一体自分が何を話そうとしているか把握してる人って居るのかねえ?
 寧ろ自分が話してるのを聞いた時、初めて自分が何を話そうとしてたか分かるんじゃないかなあ。
   ◇
 今、片付けたい事。

 読書。
 部屋の整理。

 この二つを優先して片付けることにしよう。
 何にせよ、今日は大きな本屋に行って、気分転換できて良かったなあ。

 そういえば仕事の合間や夜、布団の中で浮かんだ事って書き留められぬまま、どこかに飛び去って行くなあ。何度も思い返して頭に記憶しようと努めてるが、全部は覚えきれない。
 昼休憩に携帯電話に打ち込むのも時間が掛かるしなあ。何か良い方法はないかねえ。
 浮かんだアイディアを書き留めるのも片付けたい事の一つだな。
posted by 赤石物語集 at 22:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。