2007年11月23日

箱入り娘と「魍魎の匣」

今日は読書をしました。
「魍魎の匣」を読んでる最中です〜。
まだ序盤なので何とも言えませんけど。

魍魎の匣は「もうりょうのはこ」と読みます。
登場人物の名前も、振り仮名ないと読めない人ばかりですよ〜(笑)。
ばかりって事もないか。
所でこの作者の漢字の使い方は、良いですねえ。
「せい」を「所為」と書く人、好きですよ〜。
流石に懸想はしませんけどw

それにしても「トリック」で「箱入り娘」が出て来た時は、「魍魎」読んでた所為もあって、なんか笑ってしまったなあ。
   ◇
あと今日は音楽聴いてテレビ見て。そんな感じの一日でした。

今日見たテレビによると。
徳川吉宗という人は、日本で初めて公園を作った人らしいですよ?
民衆が花見が出来るように広いスペースを確保したのが、始まりとか。
あとサトウキビの生産を広めたそうです。
タグ:小説 日記
posted by 赤石物語集 at 23:53| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。