2017年03月26日

RPGツクールMVで、イベントを作る際に、心掛けてる事。

RPGツクールMVで、コツコツRPGを作っているのだが。

ストーリー重視のRPGを作るなら、いっそ小説を書いた方が良いという書き込みは時々見かける。
そうかも知れない。

実際、ボタンを押して、キャラクターの台詞をただ読むだけのシーンが多いなら、
テキスト・アドベンチャーにするか、小説にする方が良いのかも知れない。

ただ見てるだけのイベントが何分も続くと、プレイするのが嫌になってくる。
だから、自動実行イベントを作る時は、出来るだけイベント内容を短くするようにしている。
時には、イベントを二つ以上に分割する事もある。

ただ見てるだけのゲーム程、つまらない物はない。
それならいっそ、小説にした方が良い。

とは言え、自分が作ってるゲームも結構、文章量が多かったり、自動イベントが多かったりする。
しかし文章を削りすぎるとストーリーが分かりにくくなってしまうので、悩み所ではある。

RPGを作り始めた当初は、これだけ話が長くなるとは思っていなかった。
アウトラインは決まってたのだが、いざ作ってみると、キャラの台詞が思ってたより多くなった。

   ◇

今RPGを作ろうと思ってる人にアドバイスをするとしたら、
話を長くしようとしない方が良い。
寧ろ、話を長くするのは、とても簡単だ。

たとえば、母親に頼まれて、隣町に薬草を買いに行くRPGを考えたとする。
薬草を買って帰宅したら、エンディングになる。

こんなストーリーでも、話を長くするのは凄く簡単だ。

薬草を買ってきてと母親に頼まれる場面に、色んな台詞や設定を足す。
これだけで、話を長く出来る。


主人公は女子で、病弱な兄のために薬を買ってきてと母親に頼まれる。
そのお金を母親がくれるなら、すぐ買いに行ける。
所が家は貧乏だ。
だから自分が住んでる町で、困ってる人を助けて報酬をもらわなければ、いけない。
この人助けのイベントを追加するだけで、RPGはどんどん長くなっていく。

そして、このイベントに、時間経過の概念を入れるのも良い。
人々からの依頼(クエスト)には、それを達成するのに掛かる時間と、報酬が設定されている。
そしてクエストを完了させるために時間が掛かると、兄の病状が悪くなっていく。

短時間で終わるけど、報酬が少ないクエストを沢山するか、それとも時間は掛かるが報酬の多いクエストをするか。
そんな選択をするだけで、戦略性が生まれてくるだろう。
さらに所持金によって、買える薬草の種類が変わる。良い薬草が手に入るかどうかで、エンディングが分岐するのも面白いだろう。


さて、病弱な兄には恋人がいて、その恋人が薬草を買いに行くのを手伝ってくれると言う。
もうこれだけで、仲間が増える。

お金を手に入れて隣町に行く途中でトラブル発生。
たとえば兄の恋人が美人なので、悪者にからまれてしまう。
もしこの悪者と戦闘するなら、これで戦闘イベントが出来てしまう。
戦闘の勝敗でストーリーを分岐させても良い。

或いは、誰かが助けに来てくれても良い。
たとえば、主人公に片思いしてる少年が、主人公の母親に頼まれて駆けつけてくれた等。


隣町へ行く途中の道が、崖崩れで通行止めになっており、迂回路を通る事になっても良い。
どれも、ありがちだ。


そして主人公の兄が病気になった理由は、
実は兄の恋人に横恋慕している魔導士が、兄に呪いを掛けていたからで、
主人公パーティーがその魔導士を倒して兄の病気を治すというストーリーにしても良い。

これは「薬を買って帰宅エンド」とは別ルートにしても良い。
道中でヒントを見つけたプレイヤーだけが辿りつける隠しルートにするのも有りだ。


   ◇

こんな感じで、話はいくらでも長く出来る。

■クリアに時間の掛かるRPGにする方法。

1、マップを広くする。
単純な方法だが、目的地に行くために長距離を歩かなければ ならないので、プレイ時間が長くなる。
ただ、無駄にマップが広いと、プレイヤーは途中で遊ぶのを止めてしまう。

2、雑魚モンスターと、強いボスを作る。
何時間も経験値稼ぎをしなければ勝つ事が出来ないボスを置くだけで、クリアに時間の掛かるRPGに出来る。
が、経験値稼ぎを面倒臭いと感じるプレイヤーも出てくるだろう。

3、クリアするために必要なアイテムを、簡単には手に入らない様にする。

たとえば、魔王を倒したらクリア出来るゲームを作るとしよう。
この魔王は、「伝説の剣」でしか倒せない。
この剣を手に入れるには、剣の材料を100個集めて、鍛冶屋に持って行き、剣を作ってもらわなければ、ならない。
所がこの鍛冶屋さんは気まぐれで、「伝説の美酒」を持ってきた客の依頼しか引き受けない。
この美酒を作るには、エベレ山の頂上にある、アプルの樹から採れる果実が必要だ。
所がアプルの樹は枯れかかっており、実がなっていない。
この樹を元気にするには、マッタ山の湧水が必要だ。
しかし、マッタ山は敵国の領内にあり、簡単には侵入出来ない。

こんな風に、
「あるアイテムを手に入れるには
別のアイテムが必要で、
別のアイテムを手に入れるには、
さらに別のアイテムが必要になる。」

という状況をいくつも作るだけで、いくらでもRPGは長く出来る。

前提条件を次々と足していくのだ。

   ◇

ゲーテは、「最近の作家は、インクを水増ししている」というような言葉を書いていたと記憶している。

まあ、水増しと言えば水増しだが、話を長くしたいなら、そういう手もあるという事だ。

内容を薄めて長編にしたり、主人公に降りかかるトラブルを増やすだけで、面白い長編RPGになるかは疑問だが、
話はいくらでも膨らむので、寧ろコンパクトな短編RPGを作ろうと思った方が良いだろう。

だから、最初から長編RPGを作ろうと思わない方が良い。

寧ろ、予想以上に話が長くなってくると、
作るのが嫌になってくる。


話を考えるだけでも大変なのに、さらにマップやアイテム、魔法やイベント、キャラクターを作るとなると大変だ。

   ◇

ゲーム会社が作るRPGにはボリュームや「長く遊べる要素」が必要だろう。
だが、趣味で作ったゲームを、無料で公開するつもりなら、そんなにボリュームがなくても良いと思う。
自作ゲームを販売するつもりなら、長く遊べるゲームにする必要があるだろうが。




キャラの台詞だけ入力していたい。
敵キャラを作るとか、戦闘バランスを考えるとか面倒。

戦闘なしのRPGでも作るのが大変と感じるなら、もう小説にした方が良いだろう。

   ◇

自分も今作ってるRPGの話が思ってたより長くなってきたので、
いっそ小説にした方が良かったのだろうかと、時々考えてしまう。

内容は大した事なくても、RPGの形にしようとすると、意外に手間が掛かりますよ。
posted by 赤石物語集 at 22:42| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

SFC「伝説のオウガバトル」の思い出

「伝説のオウガバトル」を初めてやった時は、攻略本も見ずにやったので、バッドエンドだったなあ。
カオスフレーム、アライメント、確かカリスマも、全部ゼロだったよ。

その後は攻略本を見てやったので、ベストエンドを見れましたが。

解放部隊と戦闘部隊を完全に分けて、プレイしてたなあ。
ネットでオウガバトルを検索したら、死神部隊(ユニット)と表記されてたけど、私は遊撃隊と呼んでました。
飛行ユニットで敵を殲滅してたので。
コカトリスを前衛にして、後ろにリッチとビショップ。あとはレベルを上げたいキャラを一人入れて、敵を掃討してましたね。
有翼人系もよく使ってました。
カオスフレームを下げないために、戦闘部隊は街に寄らないので、回復役と攻撃役をセットにするのが、私にとっては基本でした。

あとオウガバトルでは、全職の上位職が見たくて、色んなキャラを育てまくったなあ。

オクトパスやマーメイドなんかもクラスチェンジすべく頑張って育てたよ。
育てるのが大変だったのは、フェアリーやオクトパスかなあ。
フェアリーは、クラスチェンジするのに凄く時間が掛かった。
オクトパスは海が多い場所で使いたいので、出番が限られる。まあ平地をタコに歩かせれば良いのですが、鈍足で泣ける。

好きな職というか、よく使ってた職は、ビショップ、リッチ、フレイア。
プリンセスやセラフィムも好きでしたね。
強い職は使ってて楽しい。

育てたけど、あまり使いたいと思わなかったのが、ブラックナイト・サムライマスター・エンチャンターかな。
リッチ系が強すぎて、他の職が霞んで見えたのでしょう。
ブラックナイトはクラスチェンジするのが大変な割に、あまり使えない子というか。

記憶が曖昧なので、事実誤認や誤表記がありましたら、すみません。

   ◆


昨日、Wii UのVCで「伝説のオウガバトル」を買いました。
恐ろしく久しぶりにプレイしたけど、操作方法を結構覚えてました。
マップ1は埋もれた財宝の場所なんかも覚えてますが、それ以降は、覚えてない。
ので、攻略本を見ながらプレイしようと思います。

今日、探したら、ありました。

以前持ってたSFC版ソフトは売ったけど、攻略本は売らなかったんだよね。
キャラのイラストが載ってたから、売りたくなかったのかも。
それがこうして役に立つのだから、良かったw

伝説のオウガバトル 攻略本

posted by 赤石物語集 at 16:03| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

【チェス】勝てた記念に棋譜を載せてみた【下手の横好き】

前からチェスをしてみたくて、ここ数日、PC相手にプレイしてます。

したいけどルールがよく分からない初心者にお勧めのサイトが、
「チェス入門」
http://chess.plala.jp/

ルール等が丁寧に説明されてるし、練習問題もあって、とても役に立つサイトだよ〜。
ダウンロード不要のチェスゲームもついてるから、盤や相手が居なくても安心w

今日は「チェス入門β」のレベル1に勝てた記念に、棋譜を載せてみたよ。
レベル1に勝てると、レベル2と対戦出来るようになる。

チェスLv1に勝ったよ



レベル1相手の途中経過↓

棋譜01


棋譜02


棋譜03



無駄な動きが多い気もします^^;
相手の強い駒を取ってから、安心してチェックメイトしたかったもので…w
どこがどう悪いのか、「求むアドバイス」って感じですな(笑)。


2012年06月11日 21時15分 [ Lv1 Win ]

1. d4 d5
2. f4 Be6
3. Nc3 Nh6
4. g4 c6
5. Nf3 b6
6. b4 Nxg4
7. h3 Ne5
8. fxe5 Bf5
9. b5 Be4
10. bxc6 g6
11. Nxe4 b5
12. Ba3 dxe4
13. Nd2 Qxd4
14. Rb1 Qd5
15. c7 Nd7
16. c3 f5
17. Rb3 g5
18. Bg2 Nb6
19. e3 a6
20. h4 Bh6
21. hxg5 O-O
22. O-O Bxg5
23. Qh5 Nd7
24. Qxg5+ Kf7
25. Qh4 Qxe5
26. c4 Rfc8
27. Bb2 Qc5
28. Bd4 Qc6
29. Bh3 Nf6
30. Bxf5 Rh8
31. Rf2 Qe8
32. Bxf6 exf6
33. Bxe4 h5
34. Rd3 Ra7
35. Qf4 Kf8
36. c5 Kf7
37. Qxf6+ Kg8
38. Rg2+ Qg6
39. Qxg6+ Kf8
40. c8=Q+ Ke7
41. Qxh8 h4
42. Qxh4+ Kf8
43. Qhh7 Rxh7
44. Qxh7 b4
45. Qg7+ Ke8
46. Rf2 a5
47. Qf7#
タグ:チェス
posted by 赤石物語集 at 22:07| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

放置してたリヴリーアイランドのデータが残ってたw

久しぶりにリヴリーアイランドを再開したので、ブログに書いてみた。
登録してから何年放置してたか覚えがないくらい放置してたわけだが。
数年ぶりにインしたら、島のデータが残ってたwww
恐るべしリヴリー。
   ◇
「リヴリー」は、リヴリーという生き物を飼うゲームでね。
リヴリーはリアルタイムで生きているという設定。
なのでリヴリーの世話をせずにいると、彼は旅立っていく。

しばらくぶりにインすると、島が悲しい事に^^;

でもねえ、段々世話が面倒になって放置する人も多いかな。てか私がそうですw
久しぶりにランダム放浪したら、行く先、行く先、放置されてる島が多かったよw
   ◇
というわけで、リヴ仲間募集を兼ねて画像を貼ってみますか〜。

話は変わって、今季のアニメは「ちはやふる」が面白いですなあ。
これは毎週楽しみに見てる。
まだ第2話だが。
原作は知らなくて、見る前から期待してたんだが、期待通り良かったですわw
   ◇
島の名前/ ギャグマンガな日和
飼い主/ 琥珀のかけら

チャット仲間募集中〜。
飼い主の趣味は読書とゲームです。
気が向いたら伝言板に書いていって下さいな〜。



リヴリーアイランド・ギャグマンガな日和島



『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。
リヴリーアイランドのゲームに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。
このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社、株式会社ゲームポット
とは一切関係がありません。


Livly Island COR

posted by 赤石物語集 at 22:32| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

【モバゲー】姫ジェンヌが11月末にサービス終了

今年の11月末でサービス終了が決まってるゲームをしてるんだが、なんか妙な気分だなあ。
そのゲームは、アバターの衣装を作って着せ替える「姫ジェンヌ」ってゲームなんだけどね。



バーレスクフェザーファン・ブラン.jpg



頑張って衣装を作っても、あと少ししか着られないわけで、なんか頑張るのが寂しく感じられるような…。
虚しいような…?
このゲームは割と好きで、頑張ってプレイしてたんだよねえ。
ゲームに疲れて数日放置した事もあったが、結局戻ってきたんだよね。
ま、それだけ好きなのでしょうw

本当にこのゲームには、「頑張って」という言葉が相応しい。
マゾいゲームだし、相当頑張らないとレベルも上がらないし、根気がないとストレスが溜まりまくる。
余りにストレスが溜まるゲームなので何度も止めたいと思ったよw
段々慣れてきて、悟ってくるとストレスも溜まらなくなるがね。

ゲームや運営に期待せず、適度に頑張っても駄目だったら諦める姿勢でプレイすれば、自然とストレスなくプレイ出来る。
   ◇
姫ジェンヌは、樹を揺すって材料を集めて、服を作るゲームだが、どの材料が入手出来るかが完全ランダムなため、思う様に集まらない。
レアに設定されている素材ともなると、さらに出にくい(裸眼採取でのカシス・金のマカロン等)。
ひたすら根気よくケータイのボタンを押し続け、欲しい材料が手に入るまで延々と樹を揺すり続けるこの作業に耐えられず、挫折した人も多いよwww

約1年プレイしてきたが、一体何千回ケータイのボタンを押した事だろう。
樹を揺するために押したボタンの回数を1日に20回としても、1年で7300回になるのか?w
実際にはもっと押した回数は多い。

本当にコツコツとよく頑張ったなあ。

着せ替えゲームは採算が合わないのか、サービス終了になってしまう事が多いらしい。
ゲームを上手く課金に結びつけるのが難しいのかもね。

モバゲー版の運営は、課金誘導が激しすぎたかもね。
小銭を広く浅く集めた方が結果的に儲かっただろうにね。
posted by 赤石物語集 at 21:23| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

【モバゲー】毎日プレイする理由w【姫ジェンヌ】

モバゲーとGREEに「姫ジェンヌ」という、女性向けゲームがあるんだが。
このゲーム、操作性もよくないし、内容もマゾいので、正直休みたいんだよね。

毎日するのに疲れたから、たまにプレイする程度にしたい。
が、このゲーム、毎日しないとダメなんだよね〜。

なぜかと言うと。

このゲームでは、仲間から土産を貰う、仲間にゲームを手伝ってもらうのが重要なのですよ。
つまり仲間がアクティブユーザーである事が重要。

仲間に出来る人数には制限があるので、ゲーム放置してる人を仲間に置いておく余裕がないんだよね。

なのでゲームを放置すると即、仲間解除されてしまうw

ゲームをしばらく放置してから復帰すると、仲間が0人になってるwww
また仲間集めを最初からしないといけない。
所が仲間を集めるのも大変なんだよね〜。

だから、このゲーム、たまにのんびりプレイするというのが、無理なゲームなのですw
仲間解除されないためにも、毎日頑張らねばwww

でもね、悪いゲームじゃないんだよ。
衣装を作ってアバターを着替えさせるという内容が楽しい。
ただ、システムと運営に問題があり過ぎなんだよw
タグ:モバゲー
posted by 赤石物語集 at 20:52| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする