2011年04月11日

【モバゲー】ホッコリーナ・お菓子屋さん・姫ジェンヌ【感想】

久しぶりにちょいと、書いてみるかねえ。
てか、書くのが楽な話題から書くんで、本気で書きたい事が書けないというねw

例えるなら、絵を描けって言われて、落書きならすぐ描けるが、
本気の作品は描けないみたいな感じだなw
まあ、時間と根気がないわけですが。
   ◆
じゃ、今回もモバゲーの話からwww

農園ホッコリーナは流石にもう飽きてますよ〜。
イベントは難易度高いし、課金しないとクリアが厳しいし。
まあ無課金でもコツコツすれば、柵くらいは入手できるが。
私も無課金で柵と背景は入手してるし。

でも仲間が居なかったらクリア出来てなかったなあ。
仲間の協力は有難いです<(_ _)>

最近、ゲームするのに疲れてるというか、飽きてるんだよねえ。
「別にゲームのレベル上がらなくても良いし〜。てか、時間費やして何やってんだ自分」って思うんでねwww

ホッコリはイベントが頻繁にありすぎるからな〜。あれじゃ流石に「イベント疲れ」するわ。
と言いつつ毎日してるが。
昼休憩にモバゲしてると、周囲の雑音があまり耳に入ってこないという利点があるんでね。

後、結構コメントくれて、協力してくれる仲間もいるので、その人達のためにもイベント作物は植えようかなとw
内の農園に誰も来ないなら、とっくに止めてるだろうね。
   ◆
「魔法の国のお菓子屋さん」は登録してから、かなり放置してたが最近はしてる。
コツが分かってくると、ちょっと面白い。
作れるスイーツのレシピが増えると楽しいし。

ただ、このゲームのミッションは、後半から鬼!w
ミッションクリア出来ないと、イベントや品評会にも参加出来なくなるので、
ミッションで躓くとそのままゲーム引退になるよ…w

このゲーム、習得したレシピが増えると段々新レシピを覚えにくくなって行くので、後半から行き詰まるだろうねえ。

モバゲって長く続けたいゲームが少ないよね〜。
最終的には、「課金して下さい」って内容になるからなw
   ◆
姫ジェンヌは、内容は悪くないんだがシステムがどうにも…。
アバターの服を作るゲームで、レベルが上がれば作れる服が増えるのだが。

まずレベル上げるのが大変w
大抵は、ぞうりをひたすら作り続けて上げる事になると思う。
この作業の繰り返しに耐えられるかどうか…。
他のモバゲみたいにレベル上がって、体力増えて、お宝入手してとか、そういう流れじゃないからな〜。

森で材料を集めるんだが何が手に入るかはランダム。
このため作りたい服の材料が手に入らなくて、ストレスが溜まる事もよくある。

このゲームは否定の連続でね〜。

材料が取れない。
材料がないから作れない。
荷物上限が一杯で、これ以上服が持てない。

等々、ユーザーに否定的な感情を呼び起こす事が多いんだよね〜。
サクサク、ストレス無しでプレイしたい人には絶対向かないw
「ゲームなんて、こんなもんさ。のんびりプレイするかな」って性格でないと無理w
   ◆
と、先日ここまで書いた所でセーブしたんだな。
読み直して、ちょっと訂正したんでアップするかの〜。

書きたいネタが後2つはあるが、それは後日w
日中、書きたい事が浮ぶんだがメモも取れんし、数日後にこうして書いてるわけですよ。
posted by 赤石物語集 at 21:01| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

【モバゲー】「女王の箱庭」感想

 休みの日にブログを書こうかと思った。
 たとえば毎日感じてる事等を。
 しかし折角の休みの日に、気分が暗くなる事を書くのは止めようと思った。
 で、最初書こうとしたのとは違う事を書くよw

 最近よくしてる事と言えば、モバゲーとmixiアプリだろうか。
 アイテムを合成したり、作物が実ったりするのが好きみたいで、そういう内容のゲームを主にしてるかなあ。
   ◇
 「女王の箱庭」というゲームは毎日している。
 女王の箱庭は、内容はそれほど悪くないと思うが、PCからだとアクセスに時間が掛かる事と、無課金だと
相当なマゾプレイとなるのが難点か。

 これは資金を溜めて建築物を買い、自国に配置するゲームだ。
 国をデコして楽しむゲームと言って良いかも知れない。
 が、兎に角資金が増えない。
 1日に1回、初めてログインした時に、自国内に設置されている施設の数に応じて税収がある。これが唯一と言っていい貴重な収入源だ。
 が、兎に角この税収が低い。そして施設の値段が高い

 無課金プレイだと、毎日ひたすらログインして資金を溜め、数日に1回施設を購入して設置する。これをひたすら繰り返すプレイとなる。
 また、王国内の建物を移動させたり、倉庫にしまうのにも資金が必要となる。貧乏だと、建物の配置を変えて楽しむのも無理だ。

 このゲームではモンスターを退治して、資金を得る事も出来る。
が、強いモンスター相手には、課金アイテムを使用しないと赤字になる仕様だ。
 また、他国からの訪問者が花を届けてくれると、5金貨の収入になる。このためゲーム仲間同士でお互いに相手国に花を咲かせ合う事で、多少資金を増やす事が出来る。
 高レベルの建物になると価格が金貨1万以上するから、雀の涙ですがw

 またこのゲームでは、プレイヤーの分身である女王のアバターで着せ替えも出来る。
 勿論可愛い衣装ほど高額ですb
 モバコインでしか買えない衣装も多いしね。
 運営も、和風の建物や衣装が人気だと気付いてる様で、和風は特にめっちゃ高いですw
 ゲーム内通過で買おうとすると、何日分の税収が必要か検討も尽きませんw

 このゲームのレベルは、1日に1回だけログイン時にもらえる「文化の書」によって上がります。
 建物を配置してもモンスターを倒しても上がりません!w
 勿論モバコインで「文化の書」の購入も可能。「文化の書」の所持数によって、自国の国土が広がります。

 筆者の王国レベルは現在81です。つまり81日ログインしてるって事ですね。(冬のアップデートの時に1日だけ「文化の書」がもらえない日があったから、実質82日ログインしてますがね。)
 またレベルが20以上になると、毎日ログインしないと「文化の書」がもらえない仕様です。
 前日にログインしてるかどうかをチェックして、ログイン時に「文化の書」を渡すかどうかを判定するため。

 ここまで読んだなら分かると思いますが、無課金でのプレイはマゾです!
 資金が無いと、ログインして、他国の掲示板に書きこする位しかする事がないよ!w
 掲示板のやり取りが好きなら、お勧めかもね。
タグ:モバゲー
posted by 赤石物語集 at 13:04| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

【モバゲー】スイーツコレクション2 と 姫ジェンヌ【感想】

【モバゲー】スイーツコレクション2 の感想〜。


 材料を組み合わせて、釜で焼いてスイーツを作るゲームなのだが。焦げて失敗する確率が高すぎるw
 ゲーム中盤からなら兎も角、序盤に作れるレシピの成功率が低いって…w

 成功率75%って書いてあるレシピが、3回作って1回しか成功しないとか(笑)。

 で、失敗したら、「課金アイテムを使って成功率を上げよう」って意味のメッセージが出るという。
 これじゃあ、最初の段階でゲームする気がなくなるわ〜。
 中盤になって、レシピの難易度が上がって成功率が低くなるなら、まだ納得が行くがねえ。
 このゲームはシリーズ1作目もあるが、こちらは失敗がない代りに、釜に入れてから焼けるまでに時間がかかる。
 (1作目に登録した数日後にはサービスが終了になり、全然プレイ出来てません。)

 スイコレ2は最初やってみて、「あ、面白そう」って思うが、暫くすると失敗率の高さが嫌になってきそう。

 序盤をちょっとプレイしてみての感想なんで、やりこんでる人はまた違う感想があるでしょう。


【モバゲー】姫ジェンヌ の感想。


 mixi版と比較する限りでは、モバゲー版の方がゲームを進めやすい。
 モバゲー版の方が後発だそうで、mixi版より改善が進んでるからだろうねえ。

 mixi版は、持ち物の上限数が多いが、材料も持ち物に入る。
 モバゲー版は、衣装と材料の上限数が別で、材料をほぼ無制限に持てる。
 mixi版は、必要な材料を集めるために採取していると、要らない物まで拾ってしまって、すぐに持ち物上限が来てしまう。この辺りがストレスになる。
 が、モバゲー版にはそれがない。

 マリアージュに関しては、mixi版はすぐに完成する。完成時間は0秒だ。
 が、素材集めに時間がかかるし、システム的に同じ物を沢山作りたい時が面倒。
 モバゲー版は、マリアージュして完成までに時間がかかる。が、完成を待つ間に材料集めが出来るし、待ち時間は余り苦にならない。

 両方の姫ジェンヌをした人なら分かると思うが、モバゲー版の方がマリアージュがしやすいと思う。割と素材が集まりやすい。
 mixi版は、木や井戸など、採取できる場所が多過ぎる^^;
 モバゲー版はその辺がシンプルになってるし、友ジェンヌの森では、色素材のみ採取出来るようになっている。
 色素材を取りに行ったら他の物ばかり取れるって事がない。代りに、友の森での採取失敗確率が高めだがね。

 とはいえ、どちらでも、衣装を作るのが楽しいのは確かですな^^b
posted by 赤石物語集 at 14:42| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ファイナルファンタジー6が、したいっ

 こんにちは。
 この所、ファイナルファンタジー6のプレイ動画を見ていたら、無性にプレイしたくなってきた管理人です。
 でもFF6は売っちゃったよ、ど畜生! 超ド級畜生ですよっ。

 で、私が見たのは、某サイトに投稿されていた「制限プレイ」動画です。
 防具を一切装備しない、所謂「全裸プレイ」動画です〜。他にも強い武器は装備しない、強い魔法は唱えない等の制限があります。
 防具がないだけで、滅茶苦茶ダメージを受けるのねえ。
 でも、そのお蔭でちょっとした中ボス戦でも、めっさ白熱しますよ。
 キャラのレベルも割と低い上に、防具無しだと持久戦になるけど、その分ボスを倒せた時には感動しますよ〜。
 もうねえ、シャドウの犬が強すぎですよw

 それから、この動画にはイベントシーンもあるから、それ見てると、「こんなシーンもあったなあ」と思ったり、すっかり忘れてたイベントもあって、面白いね。
 ガウが父と再会するイベントは妙に泣けますね。なんだか悲しい。
 この動画に寄せられたコメントを読んでると、折角の感動も台無しになるけど、それも面白いねw
 私は茶化しながら見るのも好きだからねえ。シリアスを笑いに変え、喜劇を悲劇として見るのも楽しいですよ。ちょっと違う視点から見た方が、物事は面白い。

 この動画は全部でPart40まであるけど、飛ばすことなく全部見ましたw 面白かったですよ〜。

 私はアニメやゲームはツッコミを入れながら見るけど、全作品に対してそうしてる訳じゃないよ〜。

 所で書きたい事が山のようにあるが、書く時間がないという^^;
 後、好い加減、FFの7、8、9をクリアしないとなあ。攻略本も持ってるのに思いっきり放置中。
 RPGは3Dである必要がないと思うんだよねえ。プレイに時間が掛かるってのも、FFをやる気が出ない要因だろうなあ。
 とは云え、少しずつプレイしたいな^^
posted by 赤石物語集 at 12:41| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

モバゲー感想 「牧場物語」と「農園ホッコリーナ」

 モバゲーで、農園ゲームをしている。
 ゲーム内容は、農作物を育てるというもの。

 種をまいて、水をかけて、時間が経過したら作物が育って収穫できる。
 収穫したら出荷して、所持金を得て、種を購入。
 それを植えて、また育ててを繰り返すゲームだが、単純に作物が育って収穫するのが楽しい。

 この手のゲームで大切なのは、手軽さだと思う。
 モバゲーの農園体験ゲームで面白いのは、「牧場物語」と「農園ホッコリーナ」かな。
 この2つは、やる事が単純で分かりやすいし、操作がしやすい。

 ケータイゲームでは、複雑なシステムは要らないと思う。
 他にも農園体験ゲームはあるが、操作が面倒臭い。
 正直言って、「種をまく、水をやる」の要素だけで充分だと思う。
 某農園ゲームには、除草や虫駆除といった要素があるが、却って面倒なだけだ。
 PC用ゲームなら兎も角、ケータイゲームは只でさえ操作がしづらいのだから、やるべき事が多くない方が良い。

 PCの様にマウスを動かしてボタンをクリックするのと、ケータイの操作は全然違う。
 ケータイでは、移動キーや決定キーを押す回数が少なければ少ないほど、操作がしやすい。
 はっきり言って、コマンドを選ぶ度に、一々確認画面が出る某農園体験ゲームはどうかと思う。
 一々「これで良いですか?」って確認画面が出るのは、鬱陶しい(笑)。

 アイテムの授受などでは、確認画面は必用だけどね。

 その点「牧場物語」と「農園ホッコリーナ」は、手軽さ、画面の可愛らしさにおいて、充分合格点だと思う。
 書くのに疲れた事だし、ひとまず今日はここまで。
posted by 赤石物語集 at 22:23| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

もしも「ひぐらしのなく頃に」が恋愛ゲームになったら

あの大人気ゲーム「ひぐらしのく頃に」が、ついに恋愛アドベンチャーに!
レナ、魅音らヒロイン総出演!
富竹、大石刑事ら男性キャラとのラブラブエンディングを実装!
プレイヤーは主人公・前原圭一となって、雛見沢大災害の日に告白する事を目指します。

彼女から手作りの「針入りおはぎ」をプレゼントされたり、
主人公をめぐってヒロイン同士が殺しあったりと、楽しい修羅場が盛りだくさん(笑)。

夜の神社に忍び込んでの「拷問道具めぐり」や、ダム工事現場でのゴミ漁りデートなど、
猟奇的なシチュエーションが貴方を待ち受けます。
   ◇
ここでゲームの告白シーンをちょっとだけ大公開。

前原「レナ… 俺、お前のことが好きだ」
レナ「嘘だッ!」


前原「魅音… 俺、段々お前のことが気になってきて…」
魅音「くけけけけけけけけけけけけけけけけケケケケケケ」

(※ 台詞は開発中のものです)
   ◇
ジャンルは恋愛アドベンチャー。
マルチエンディングを採用!
豊富なバッドエンディングがプレイヤーを飽きさせませんっ。
橋から突き落とされるか、指の関節に五寸釘を打ち込まれるかは、貴方の腕次第♪

タイトル「ひぐらし異聞 〜 雛見沢でく頃に 〜(仮)」
20XX年、ひぐらしのなく時期に発売決定!
乞う、ご期待!
   ◇
※ この記事は全てフィクションであり、実在するゲームとは何の関係もございませんw

というか、ひぐらしの恋愛ゲームあったら買うんだけどな〜。
誰か作ってくらさいw
posted by 赤石物語集 at 16:12| Comment(0) | ゲームメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする